千陽電気工業株式会社 東京都千代田区麹町1-8 TEL 03-3264-3171
 
HOME > 千陽電気工業の「備忘録」
日本のスポーツ選手は各方面で活躍されている様です。
 

大相撲は横綱2名が4日目、5日目に休場したのにも関わらず、盛り上がった15日間でした。
 

序盤に、横綱を休場に追いやった遠藤、北勝富士関の活躍に始まり、徳勝龍関の幕尻優勝という終わってみれば大盛り上がりの大相撲初場所でした。
 

徳勝龍関は初めて知った力士でした。
幕尻優勝は20年ぶりだそうです。
 

20年前の前回は貴闘力関だったそうです。
 
 
でも常に番付上位にいて、横綱、大関と相撲を取ってた人でしたら、幕尻優勝もあり得ますが今回は三役の経験もなく、十両と幕内を行ったり来たりしている力士だから、ご本人もびっくりされたと思います。
 
 
14日目の正代関戦で、組んで寄りかかられると相手は重いのか、結構堪えている感じでしたが、4日続けて土俵際からの突き落としで逆転勝ちをするなど、際どい相撲を制して来たフットワークの軽さを感じました。
  
 
正代関は少々勝を急いだのでしょうか?


そこからの千秋楽が結びの一番。
 
 
2敗で追う正代は先に勝っている。
 
 
大相撲ファンの多くの方は、決定戦と思ったはず!しかし今場所一番の実力者といっていい貴景勝にも勝ってしまった。
 
 
優勝後のインタビューでも「自分なんかが優勝していいんでしょうか」「優勝はバリバリ意識していました」と場内を笑わせる場面も。
 
 
今場所は横綱が居なくても相撲は盛り上がりました。
 
 
軽量の炎鵬やイケメン遠藤、来場所大関とりの朝乃山も活躍されました。
 
 
次の大阪での、3月場所も楽しみになりました。
 
 
プロ野球も本日からキャンプインです。
 
 
新人選手では千葉ロッテマリーンズの最速163キロ右腕・佐々木朗希投手とヤクルトスワローズの奥川恭伸投手がどれだけ活躍できるかが楽しみです。
 
  
佐々木朗希投手は高校生の頃から慎重に起用されている感じがあり、順天堂大学の医学部と提携して健康面からサポートする体制で強化していくとの事。
大事に育てていくのでしょう!
 
 
奥川投手はチーム事情から考えると先発投手の頭数が居ないことを考えると、早い機会にローテーション入りする可能性があるかもしれません。
 
 
ヤクルトは新人で入ったピッチャーがけがでつぶれるイメージが有るので、高津監督は大事に育てて欲しいものです。
 
 
二人の投手の活躍を交流戦等で見たいのは山々ですが、怪我なく1年を頑張って欲しいものです。
 
 
ベテランでは西武に復帰した松坂大輔投手や阪神の藤川投手がスポーツ番組では自主トレから取材が多かった気がしました。
 
 
松坂世代と言われた今年40歳になる選手と言う事で注目を浴びていると思いますが、来季は40歳のシーズンを迎える“松坂世代”の5人に全盛期の活躍を求めることは少々難しいと思われます。
 
 
各選手はケガ、年齢による衰えなどで成績を落とすこともありましたが、藤川投手は阪神に復帰した2016年から43試合、52試合、53試合、56試合と年々登板数を増やし異質ともいえる活躍を見せています。

 
松坂世代の先頭を突き進む藤川投手の活躍に注目です。

ニュース・ワイドショーの話題は、英国王室問題、国会の「桜」に関連する問題、IR汚職の問題。タレントさんの浮気の問題が多いらしいのですが、何と言っても「新型コロナウイルス関連肺炎」についての問題が一番です。

 

昨年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、短期間で世界に広まっています。

 

コロナウイルスはインフルエンザやかぜと同様にせきや、くしゃみなどの飛まつで感染します。

 

WHOが推奨している予防法や感染を広げない対策は、一般的な感染症対策と同様に、「手洗い」と「せきエチケット」です。

 

このうち「手洗い」は、石けんと流水で、少なくとも20秒間、指の間や爪の隙間などもしっかりと洗う必要があります。

 

また、手洗いができない場合はアルコールなどの消毒薬で手をしっかりと消毒することも効果的です。

 

手についたウイルスは目や口、それに鼻などから入ってきます。

 

手をしっかり洗うまでは顔を触らないようにしてください。

 

感染症対策でとても重要な「手洗い」との事です。

 

①最後まで泡が残るくらいたっぷりと!ハンドソープをたっぷり使い、指1本1本まで丁寧にこすること。

 

②手首もしっかり洗い、最後まで泡が残っているくらいがせっけんの量の目安!

 

③ペーパータオルで手を拭き、レバーに直接触れずに水を止めるのがとくにおすすめ!

 

④手が洗えないときはアルコール消毒を!

 

⑤ポイントはアルコールの量。

 

⑥ポンプを最後まで押し下げる事。

 

⑦マスクの着用。

 

とインターネットの記事に有りました。

 

飲み過ぎず、疲れを残さず、充分な睡眠を確保して寒い2月を乗り切りましょう!

 

2/14はバレンタインデーです。 

 

 

お元気で2020年をお迎えの事と存じます。 

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

今年のお正月もお天気に恵まれて穏やかな日々でしたが如何お過ごしでしたでしょうか?

 

 

昨年も書かせて頂きましたが、一応会社のHPですので、仕事の事やそれに関係する政治経済等々について書くべきですが、現場の事に付きましてはお客様の情報の漏洩にもなりますし、難しい事は良く判りませんので、今年も私の時代観を適当に記録として書いていきたいと存じます。

 

 

昨年はワールドカップラグビーと女子ゴルフの渋野選手がスポーツ界を盛り上げてくれましたが、残念な事も沢山ありました。

事故や事件ではなくて、我々に影響を与えてくれた方々が多く鬼籍に入られました。

 

 

市原悦子さん(享年82)最近のイメージでは「家政婦は見た!」シリーズなどで知られ、舞台や映画でも活躍されました。

私たちの小さい頃は1975年に始まったテレビアニメ『まんが日本昔ばなし』でしょうか?すべての登場人物の声を常田富士男さんと2人のみで長年演じ続けて来られた人気番組でした。

 

 

 

堺屋太一さん(享年83)団塊の世代」の名付け親で、経済企画庁(現内閣府)長官を務めた作家・経済評論家でした。

また、大河ドラマの原作となった『峠の群像』、『秀吉』をはじめとする歴史小説も数多く執筆されました。

 

 

萩原健一さん(享年68)ご存じ「ショーケン」です。ドラマ「太陽にほえろ!」「傷だらけの天使」「前略おふくろ様」など数々の作品で知られる俳優で、グループサウンズ「ザ・テンプターズ」のボーカルも務めた方です。

「永遠の不良少年」とも言われておりました。

 

 

内田裕也さん(享年79)「鮭のベビー」ではありません。

正しくは「Shake it up,baby」だ!そうです。

 

ロック歌手で映画俳優としても活躍した2019317日午前533分に亡くなりました。

2018915日樹木希林さんの死から約半年後に跡を追うように亡くなられました。

 

 

ケーシー高峰先生(享年85)「医事漫談」で人気を集め、映画やテレビドラマの脇役としても活躍されました。

白衣姿で黒板やホワイトボードを使い、医学を説明しながら、エロネタを交えていく毒舌の医事漫談で、お笑い番組で引っ張りだこでした。

「グラッチェ」「セニョール」「セニョリータ」など、連発する謎のラテン系あいさつは当時の流行語でした。

 

70年代に患った腰痛は2003年に悪化し、腰部脊柱管狭さく症と診断されて、05年には舌がん(舌白板症)が見つかり、30針を縫う手術を受けられました。

復帰後に「タン(舌)キュー・べろマッチ」「顔は悪性です」と、自らの病気さえネタにされていました。

 

 

小出義雄先生(享年80)1992年バルセロナ五輪女子マラソン銀メダル、1996年アトランタ五輪女子マラソン銅メダルの有森裕子さん、2000年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さんらを育てた陸上長距離指導者。

シドニー五輪の高橋尚子選手の金メダルのゴールで飲んで良い気分で迎えられたエピソードは有名です。

30km地点で金メダルを確信して安心して飲んじゃったというのも、すごい監督さんです。

 

 

ジャニー喜多川さん(享年87)あのジャニーズ事務所の創設者です。

 

  

 

竹村健一さん(享年89)「だいたいやね」で始まる関西弁の辛口コメントで知られる評論家でしたが私の小さい頃は毎日テレビ、ラジオに出演されていた印象が有ります。

タモリさんその他のタレントさんが物まねをしていた印象、パイプをくわえていた、著書が多い、ピアノも弾いていた印象があります。

最近はテレビ等ではお目に掛かっていませんでしたが89歳とは・・もう少しテレビで見たい評論家さんの一人でした。

 

  

 

金田正一さん(享年86)プロ野球で唯一の400勝を達成するなど史上最高の左腕投手と呼ばれ、ロッテで監督も務めた方です。

 

私は現役時代のご活躍を見た事が無く、詳しいことは判りません。

監督時代は退場・乱闘のイメージが有ります。(あくまでもイメージ)

野球に対して熱い人だったのではないでしょうか。

野球ファンの方申し訳ありません。

 

 

八千草薫さん(享年88)代表作は沢山あると思いますが、トレンディードラマ以外のどんなドラマでも活躍されている印象。

大河ドラマ等をはじめとする名作ドラマに出演した女優さんだったのではと思います。

最近までテレビのドラマに御出演されていた様でした。

病名は癌との事でしたので、かなり頑張って演じられたのでしょうか?

 

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

オリンピックイヤーの新年ですが、新年早々から日産自動車元会長の国外逃亡やイラン司令官の爆撃などびっくりする事件が起きて、スタートから前途多難なスタートとなりました。

 

しかし本年はオリンピックイヤーですのでスポーツの話題で持ちきりになる1年になりそうです。

 

2019年のラグビーのワールドカップの盛り上がり、女子ゴルフ界では渋野選手の活躍が有りその影響でお正月のテレビはラグビーの選手と女子ゴルフの選手の出演が多かった気が致します。

 

この調子でオリンピックが盛り上がれば、少々世の中も明るくなるのかなー1年位は・・・

 

昨年のユーキャン様の新語・流行語大賞はラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM」でしたし、「スマイリングシンデレラ/しぶこ」もトップテンに入りました。

 

オリンピックでまた新しい流行語が出来ると思うので楽しみです。

 

元旦のニューイヤー駅伝と箱根駅伝は終わってしまいましたが、

 

高校サッカー選手権大会は昨年から引き続き1/13(月)決勝

 

大相撲初場所初日は1/12日(日)~千秋楽1/26(日)は両国国技館

 

全日本選手権バスケットボール天皇・皇后杯が1/12(日)に決勝戦

 

昨年あれだけ盛り上がったジャパンラグビートップリーグ2020は1/12(日)~5/9(土)まで

 

オリンピック・パラリンピックに向けて各種スポーツがスタートを切りました。

 

プロ野球も2/1(土)からキャンプインです。今年もいろいろな競技を見て応援して、楽しい1年にしましょう!

 

ねずみ年は繁栄の年と言われているそうです。 

繁栄の年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピックは間違いなく経済・世の中も盛り上がると思います。

 

こんな貴重な1年を迎える訳ですから、目標を持っていろいろな事が経験できる良い年にしていきたいと思います。

 

本年も宜しくお願い致します。

 

 

11月のカレンダーを1枚めくり残りは1枚になりました。

 

2020年へのカウントダウンが始まります。

 

今年も新聞やテレビ、週刊誌等で2019年度を振り返る記事が出ると思いますが、12月もあと1か月有りますから2019年を振り返るのはまた後にさせて頂きます。

 

今月も従来通り11月を振り返ります。

 

先月も少々触れましたが東京2020オリンピックのマラソン競技と競歩について東京都、IOC、東京五輪・パラリンピック競技委員会、政府が協議を行い、暑さを避ける目的で北海道の札幌市に変更することが決定しました。

 

東京都もたくさんの対策をしてきたとの事で、非常に残念ですが、対策も無駄になっていない物も有って都民のためになっているのであれば、仕方ありませんが、「スモールオリンピック」は絵に描いた餅ということになってしまいました。

 

選手のためになったのでしょうか?

それ以外もいろいろと課題はあるようですが・・・・ 

 

共産党は参議院予算委員会で「桜を見る会」と安部首相との関係について取り上げました。

 

同会の支出額は2014年が約3000万円、2019年は約5500万円に増加しており、参加者も2014年の約1万3700人から約1万8200人に増えているそうです。

 

野党の追及で招待客名簿の提出を求められましたがすでに破棄したとの事で、いろいろな追及にのらりくらりと内閣府がかわしている様です。

 

11月10日には天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御礼の儀」が行われ、天皇皇后両陛下がオ―プンカーにお乗りになり、赤坂御所までの約4.6kmを約30分かけてパレードされました。

 

笑顔で手を振って大観衆に応えられて、大歓声の中、皇后さまが涙を潤ませている場面も見られました。

 

芸能人の薬物関係の事件もテレビでは毎日報道されていましたが・・・

元・ラッツ&スターの田代まさし容疑者は覚せい剤の所持で宮城県警に逮捕されて(5度目薬物では4度目)しまいました。びっくりするほどのニュースではありませんが・・・・ 

 

驚きの主役は沢尻エリカ容疑者!

 

合成麻薬MDMAを所持したとして警視庁に麻薬取締法の疑いで逮捕されたました。

 

鳩山由紀夫元首相のツイートでも話題を呼びましたが「桜を見る会」の関心を逸らすために逮捕を政府が指示をしたか?

警視庁が政府に忖度した逮捕だとか・・・・

さすが宇宙人! 

 

いずれにしても来年の大河ドラマの「麒麟がくる」の濃姫役で10話まで取り終えている関係で代役を立てて撮影をやり直すとか・・

第1話の放送日を遅らせるとか・・・

 

関係各所に多大な影響を及ぼしたそうです。

 

フランシスコ.ローマ教皇が被爆地となった長崎市と広島市で核兵器廃絶や平和を求めて「核兵器のない世界を実現することは可能であり必要不可欠なことだと確信している」メッセージを発信しました。

 

教皇としては故ヨハネ・パウロ2世以来の38年ぶりの被爆地訪問でした。

  

2019年113日(日)に開幕し、12か国のチームで競われた「世界野球・プレミア12」では、1117日(日)に東京ドームで行われた決勝戦で「侍ジャパン」が韓国を5-3で下し、見事優勝しました。

 

良かったですね!ベストメンバーではないですが、戦う以上侍JAPANでの野球はアジアではNO1でなければいけません

 

 

女子ゴルフの賞金女王の戦いが盛り上がりました。 

 

全英女子オープンの覇者渋野選手が惜しくも最後まで優勝争いを繰り広げながら2位に終わりました。

 

賞金女王は鈴木愛選手。

 

今年の女子ゴルフを牽引したのは間違いなく渋野選手!スマイルシンデレラの、しぶこフィーバーで各会場でギャラリーが渋野選手を応援して、女子ツアーを盛り上げました。

 

しかし、女子ゴルフはまだまだ渋野選手のような選手がたくさん出てきている様です。 

 

オリンピックの代表もまだ決まっていません。

 

女子ゴルフツアーは来年もきっといろいろな話題を提供してくれることを期待しています。

 

※イ・ボミ選手も土曜日までは首位でしたね。大会を沸かせました。ご結婚おめでとうございます。

 

師走に入りました。11月も忙しい毎日でしたが、今月も更に忙しくなります。 

 

クリスマスパーティーや忘年会でお酒をたくさん頂くことも多くなり、飲みすぎ、食べ過ぎ、睡眠不足で体調を崩さないようにすることが大切です。

 

大人として仕事をする自覚をもって楽しみましょう。

 

週末に国立競技場も引渡が済んだという報道もありましたが、2020年は東京2020オリンピック・パラリンピック一色の一年になります。

 

我々建設関係の業者もお手伝いさせて頂いている部分も有りますので、世界から訪れるアスリートに良いパフォーマンスを発揮されてご活躍頂けるように、良い準備が出来るように頑張りたいと思っております。

 

本格的に寒くなりました。残りの1か月、健康に安全に注意して良い新年を迎えて頂きたいものです。 

 

 

ことしもあと残り2か月となりました。

 

11月になり、だんだん朝と夜の気温が下がり寒くなってきました。

 

我々の生業の建築現場も年末に向けてさらに忙しさを増してきました。

 

10月を振り返りますと10月1日から消費増税がスタートしました。

 

8%の時よりはトラブルは少なかった様ですが、仕組みの一部が分かりにくい感じだったり、レジでも少々トラブルが有った様です。

 

8%より10%の方が計算はし易い部分が有りますが、払う方としては増税はない方が良い訳です。

 

増税は仕方ありませんが、世の中が少しでも良い方向になって頂きたいものです。

 

10月はスポーツの秋、来年の東京2020オリンピック・パラリンピックの開催1年前と言う事で注目される競技がたくさん行われました。

 

世界陸上では男子400mリレーで銅メダルに輝きました。

 

37秒43で2大会連続ですのでたいしたものです。

 

 2位のイギリスが37秒36ですから東京2020オリンピックでは銀メダル以上は狙えそうです。

 

ラグビーワールドカップではベスト8になりました。

 

日本は1987年の第1回大会から参加をしているらしいのですが、2011年大会までに1勝2分け21敗で1995年の大会ではニュージーランドに17-145という記録的な大敗を喫している歴史があるそうです。

 

前回もよく頑張って頂きましたが、今回のベスト8は大躍進です。

 

男子のバレーボールも長年不調でしたが今回のワールドカップでは8勝3敗で4位の好成績でした。

 

来年の東京2020オリンピックに向かい弾みが付きました。

 

 東京2020オリンピックに向けてびっくりする事が発表されて、関係者の方々が混乱しています。

 

IOCはマラソンと競歩の競技について猛暑対策で会場を東京から札幌に開催会場を変更するよう東京都や大会措置気委員会に申し入れがあったそうです。

 

この時期に大変な騒ぎです。

 

選考された選手も気の毒ですが、準備をされた関係者の方々の苦労は水の泡です。

 

今後最終調整を行う様ですが、チケット当選の方もいらっしゃいますし、・・・

 

いずれにしてもアスリートファーストでお願い致します。

 

プロ野球の日本シリーズもいつの間にかソフトバンクホークスの4連勝で日本一が決まったそうです。

 

読売巨人軍はどうしてしまったんでしょうか?

 

注目のドラフト会議では大船渡高校の佐々木投手は千葉ロッテ、星稜高校の奥川投手は東京ヤクルトスワローズへ、東邦の石川選手は中日ドラゴンズへと言う事で交渉権を獲得された様です。

 

私、個人的には良いドラフト会議でした。

 

11月は相撲も有りますし、高校、大学の野球に関しては神宮大会もあります。

 

侍ジャパンは5日開幕の「プレミア12」もあります。

 

フィギアスケートも羽生結弦選手、紀平梨花選手がカナダの大会で良い成績を収めて3月頃までフィギアスケートは大会続きで春まで楽しめます。

 

今年度のシーズン総集編の競技も有りますしウインタースポーツはスタートを切りました。

 

皆さんで日本の選手をたくさん応援しましょう!

 

忘れていたわけではありませんがタイガー・ウッズ選手がPGAツアーのZOZOチャンピオンシップで優勝したことを書き忘れる処でした。

 

千葉県のゴルフ場での開催で天候も良くなかった為に、観客が入れない日(無観客試合)もありましたが、延べ数万人のギャラリーが訪れてタイガー・ウッズ選手のプレーに酔いしれて、松山選手も気を吐き3打差の2位でした。天候を除けば良い大会でした。

 

来年も開催して欲しいです。 

 

10月22日には天皇陛下の内外に即位を宣明される「即位礼正殿の儀」に臨まれました。

 

皇室とゆかりの深い各国の王族から、英国のチャールド皇太子、オランダのアレクサンダー国王、スペインのフェリペ6世国王、ブータンのワンチュク国王らをはじめ、約2000人が参列されたそうです。 

 

祝賀パレードも予定されていましたが、台風19号で甚大な被害が発生したことを踏まえ11月10日に延期されるそうです。

 

 

大型で非常に強い台風19号は15号同様に東京・千葉だけではなく、長野県を含む東日本全体に猛威を震いました。 

 

10都県の36河川の氾濫であちこちで住宅が流されたり、浸水したり、斜面が倒壊したり、停電は43万件、死者や行方不明者、負傷者は多数の方が被害に遭われました。

 

弊社の仕事関係の方でも被災された方もいらっしゃった様で心配しております。

 

比較的被害の少ない東京でも多摩川の周辺は被害が有りましたが、今後は都内でも、いろいろと対策はされているといっても油断出来ないと思いました。 

 

神戸市の小学校の先生同士のいじめ問題、政治家の大臣の2名の退任問題、売れっ子芸能人の所得隠し、申告漏れ問題、いろいろとありました。

 

しかし市原市の台風15号の強風で鉄柱が倒れて住宅を直撃した鉄柱の撤去作業が開始されたとの事で良かったです。 

 

江戸川区の解体業者の「フジムラ様」が無償で作業を行ってくれているとの事で、いろいろと作業する上で、問題も有った様ですが関係者の合意も取り付けて、倒壊から1か月半経ってようやく作業開始されたとの事。

 

工事費用は5000万円位工事に掛かるとの報道ですが、なかなか普通の会社では出来る事ではありません。

 

11月は年末に向けて更に忙しく、東京2020を迎える準備も大詰めになるのでたいへんです。

 

本格的に寒くなりますし、健康に安全に注意して過ごしたいものです。 

 

10月に入り暑い日もまだありますが少しは秋を感じるようになりました。

 

 

8月に九州の福岡・佐賀・長崎の3県に大雨特別警報が発令され、大きな浸水被害を受けて、車ごと濁流にのまれるなどして3人が死亡されて、一時、87万人に避難指示が出された規模の大きな災害が有ったばかりですが、9/8(日)~9(月)にかけての最上クラスの台風15号は関東地区に上陸しました。

 

 

特に千葉県では電柱や送電鉄塔が倒れて広い範囲で停電や断水が発生して、不便な生活になり大変でした。

 

よくテレビの映像で観たのは市原市のゴルフ練習場のネットが支柱と共に長さ40mに渡って倒れて、隣接する民家10棟を破壊して重傷者を出す被害が中継されていました。

 

鉄柱の撤去については、ゴルフ練習場の関係者の方と話が纏まらず、解決に時間がかかりそうです。

 

東京の解体業者の方が、救いの手を差し伸べて頂いている報道がありましたが、簡単には行かないようです。

 

千葉県全体としてはとりあえず電気や水道は一部を除いては復旧している様ですが、全壊されたお住まいも有りますし、屋根に支障があるお住まいがかなり多く、この台風シーズンをどのように耐えていくか、寒くなるシーズンを迎えるに当たり、国と千葉県はしっかりバックアップをお願いしたい処です。 

 

 

9月からはスポーツ関係も活発でいろいろな話題がありました。

  

第9回ラグビーのワールドカップも20日に開幕して、地元の日本代表の初戦はロシアと対戦。

 

松島幸太朗選手がW杯日本選手史上初の1試合3トライを決めて30-10で快勝。

 

そして1週間後の28日土曜日は世界ランキング2位のアイルランドと対戦して、前半はリードされていましたが後半に福岡堅樹選手が逆転トライを決めて19-12で連勝としました。

 

 

前回も南アフリカに勝利して歴史的な1勝と言われましたが、今回も過去10戦全敗であったアイルランドからの勝利は歴史的な大金星になりました。

 

 

3戦目は10月5日(土)サモア代表との戦いです。(世界ランキング16位)

 

 

日本が世界ランキング10位ですから油断しなければ勝てるでしょう!この試合に勝てばベスト8が近くなります。頑張って頂きたいものです。 

 

 

大相撲の方は、好調が伝えられていた両横綱が休場し、豪栄道関と栃ノ心関の両大関の調子が上がらない中で迎えた千秋楽になりましたが、貴景勝関と隠岐の海関の相星決戦で貴景勝関が押し出しで勝ち、続く御嶽海関は小結・遠藤関を寄りきって3敗を守って、2017年9月場所以来、関脇同士では初めてとなる優勝決定戦に持ち込まれました。

 

中日の直接対決では貴景勝関が押し出しで勝ちましたが、決定戦では御嶽海関が貴景勝関を一気に寄り切って、2回目の優勝を飾りました。

 

この一番で、貴景勝関は左大胸筋肉離れを起こし、場所後の秋巡業を全休する見通しとなりました。 

  

三賞は、優勝した御嶽海関と1横綱2大関を破った朝乃山関が殊勲賞を受賞、終盤まで優勝を争った隠岐の海関と剣翔関が敢闘賞を受賞しましたが技能賞は該当無しでした。

 

 

なお、カド番の大関陣は、豪栄道関が12日目に給金直してカド番を脱出したのに対しまして、栃ノ心関は14日目に妙義龍関に敗れて負け越しが決定、2度目の大関陥落となった9月の場所でした。

 

 

今場所で嘉風関が残念なことに引退をされることが決まったようです。

 

先場所の7月名古屋場所もけがで休場されていましたが、今場所も出場はなく、惜しまれつつ引退されます。

 

プロ野球もセ・リーグは読売巨人軍、パ・リーグは西武ライオンズの優勝でペナントレースは決着が着きました。

 

クライマックスシリーズファーストステージは10/5(土)からです。

 

セ・リーグは2位:横浜DeNAベイスターズvs3位:阪神タイガース

パ・リーグは2位:福岡ソフトバンクホークスvs3位:東北楽天ゴールデンイーグルスの戦いです。 

 

セ・リーグはペナントレースでは2014年以降、DeNAに対しての対戦成績は阪神が圧倒しているそうです。最下位だった2018年も阪神が17勝8敗と大きく勝ち越していたデータもありますし、今季も阪神の16勝8敗1分、横浜スタジアムでも阪神の8勝4敗です。 

 

しかし、予想ではDeNA有利の予想が多いですね?過去の実績で短期決戦ではペナントレースの「お得意様」実績が反映されていないデータがあるそうです。 

 

 

DeNAの本拠地である横浜スタジアムでの戦いですし、CSでの勝ち方を知っているラミレス監督率いるDeNAにややアドバンテージがあるのではないかという予想。楽しみです。 

 

 

パ・リーグは昨年、シーズン2位からの日本一を成し遂げたソフトバンクホークス。本拠地ヤフオクドームで全戦を行える有利さがあるので、地元でまずは勢いをつけて、という感じでしょうか?

 

 

いずれにしてもイーグルスは苦戦しそう?チームを牽引する「熱男!!」を乗せてしまわないように!タレントの多いパフォーマンス集団に圧倒されなければ良いですが・・・・是非是非イーグルスに頑張って頂きたいです。(個人的に) 

 

 

プロ野球が終わるころにはドラフト会議もありますし、高校野球も夏の甲子園が終わったと思ったら、春の選抜甲子園大会の各地区の予選が開始されます。

 

11月には神宮野球大会が開催されて、選抜大会の出場チームがほぼ絞られて、発表が待ち待ちどうしい感じになります。そうすると野球界は一休みという感じでしょうか? 

 

 

今月末は男子ゴルフ的には今年のマスターズで感動的な復活優勝を果たしたタイガー・ウッズ選手が、10月24~27日に行われる「ZOZOチャンピオンシップ 」に出場されるとの事で、今度はゴルフの話題で盛り上がると思います。 

 

オリンピックの選手選考の競技、冬の競技も始まってきます。 

 

これからもスポーツから目が離せません。

 

まだまだ紅葉を見る雰囲気ではありませんが、確実に秋がやってきますし、早くもインフルエンザの話題もあるようです。

 

夏の疲れが出てくる季節です。

秋の夜長にはたくさんイベントもあると思いますが、健康に十分留意して、冬を迎える準備をしたいと思います。 

 

 

まだまだ気温は高く暑い状況ですが、朝夕は幾らか過ごしやすい感じではないでしょうか

 

月末は九州北部を襲った記録的な豪雨がありました。

 

“数十年に1度の災害”の恐れがあるとして、福岡・佐賀・長崎の3県に大雨特別警報が発令され、気象庁の梶原靖司予報課長は、「直ちに命を守るために最善を尽くす必要のある、警戒レベル5に相当します」と呼びかけ程でした。

 

特に大きな浸水被害を受けたのが、佐賀県武雄市と隣に位置する大町町の被害状況が沢山報道されていました。

 

鉄工所から約11万リットルの油が流出して、濁流によって流され、近くの順天堂病院にまで達していた大被害でした。

 

佐賀県内は街の至るところで冠水してしまいましたし、油の除去作業もすごくたいへんな作業の様でした。

 

浸水した街ではこうした自衛隊員らによる懸命な救助活動が行われましたが、車ごと濁流にのまれるなどして3人が死亡。

 

一時、87万人に避難指示が出された規模の大きな災害になりました。

 

九州北部などの雨は現在、小康状態となっていますが、災害への警戒は続いています。

 

復旧作業が行われている被災地では、あの「スーパーボランティア尾畠春夫さん(79)」が到着し、住宅の泥掃きなどに汗を流していました。

 

視察に訪れた佐賀県山口知事に尾畠さんは「早急に一言だけ言いたいんですけど・・・、ボランティア受け付けを早急にやって下さい。今朝、役場に行ったら段取りが全然できてないっていうから」

 

この人は神様の様な方です。普通ではこんなことは言えません。

 

佐賀県山口知事に注文を付けた尾畠さんは、昨日の31日まで武雄市でボランティア活動をされた様です。

 

尾畠さん殿の被災場所でも直ぐに駆けつけて、対応されて本当にお疲れ様です。

 

何時も誰よりも早く、被災地に赴き、作業の指示をして、ご自分でも働かれて、我々はそれをテレビ等で拝見しているだけです。本当に頭が上がりません。

 

被害にあった方々には謹んで哀悼の意を表します。

 

被災者の方々の日常が一刻も早く普通の生活に戻ることを祈っております。

 

毎日の様にテレビで報道されていた「あおり運転」の常磐自動車道で男性会社員が殴られて負傷した事件の犯人M・F(43)が大阪市東住吉区の自宅マンションから出てきたところを茨城県警に逮捕されました。

 

毎日、各局で映像が流されていたし、ドライブレコーダーの装着率もかなり増えた様ですので、このような危険な行為、運転は無くなると思いますが、如何でしょう?

 

逮捕の日に、そばには犯人と交際している女性の姿もあり、小柄な女性で、マスクに帽子姿。

 

犯人は『○○さーん!』と、しきりに女性の苗字を大きな声で呼び、『手を繋いで~!』と声を上げていた。

 

女性も『そんなことしないで!』と警察官に食ってかかっていました。

 

この遣り取りは、ずいぶん真似をする人も多く、流行語大賞の候補になるかもしれません。

 

あおり運転の際に同乗していた交際相手の会社員K・N容疑者(51)も、犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕されました。

 

この事件は最終的には2次災害も発生させてしまっております。 現地で実況見分中に反対車線で乗用車2台と大型トラックの計3台が玉突き事故を起こしてしまいました。

 

実況見分を覗きこんでいた影響で反対車線は速度を落として走る車が相次いだ影響の様です。

 

自動車の運転問題は、操作ミスの件も含めていろいろと問題を残しました。

 

自動車製造各社では新しい自動車が沢山研究・開発・発売されています。

 

あおり運転が出来ない自動車の開発が待たれます。(?)

スポーツでは凄い事も起きました。

 

女子プロゴルフの渋野 日向子選手がAIG全英女子オープン」で日本人女子選手として樋口久子さん以来、42年ぶりのメジャー優勝を果たしました。

 

ゴルフの中継映像では、渋野選手の明るい可愛らしい映像、ラウンドは強気な姿勢でラウンドの映像が流れてゴルフファンを楽しませてくれました。

 

プレー中にも笑顔を見せ、ファンと交流することから「笑顔のシンデレラ」として国内外のゴルフファンやメディアから注目を集めました。

 

エピソードも沢山残しました。

 

最終日のプレーの合間に食べていた、渋野選手の好きな駄菓子である「よっちゃん食品工業」様の定番商品 「タラタラしてんじゃねーよ」が話題になり製造元に問い合わせが殺到したそうですし、試合で着用していたポロシャツが完売したり、いろいろな影響をもたらしたそうです。

 

女子ゴルフツアーは人気が有るそうですが、帰国後の渋野選手の出場する大会はギャラリーが更に増えたそうです。

 

オリンピック代表枠も国際ゴルフ連盟がロレックス・ランキング(世界ランキング)を基に6月29日に発表する五輪ランクで決まるそうです。

 

ロレックス・ランキングの15位以内にいれば、最大1国4人までの出場が可能。 それ以外だと、2人となるとの事で、日本人選手には是非、是非多くの選手が出場できるようにランクが上がる事を期待しております。

 

9月8日からは国技館で相撲も有りますし、プロ野球も大詰めを迎えます。

 

セントラルリーグは ほぼ順位が決定した感じが有りますが、パシフィックリーグは少々混戦の様です。残り試合もあと20試合前後です。

 

ラグビーのワールドカップも9/20に開幕します。

 

と言う事で今年の秋も楽しみが目白押しです。

 

夏から秋への季節の変わり目で とかく体調を崩しやすい時期ですが、健康に充分ご留意して頑張りましょう!

ようやく梅雨が明けて8月になりました。

先週末は台風6号が関西や東海地区を中心に被害を発生させて大変でしたが、関東地区はそれほど影響がなかった様で、花火が延期になったり、中止になったりとイベント行事に影響が出たようでした。 

災害、被害が発生しなくて良かったです。

 

関東地区の梅雨明けが週初めにやっと発表されました。

 

平年ですと、7月21日頃との事ですが、昨年は6月29には梅雨明けが発表されていました。

 

今年は平年より8日遅く、昨年より30日も遅い梅雨明けです。

 

昨年は熱中症の報道も多かった気がしますが、今年はそれほどニュースになっていない感じですが、梅雨明けの火曜日の朝のニュースでは月曜日の熱中症の状況が沢山報じられていました。

 

これからは気温、湿度が通勤時間帯からもかなり上がりますので熱中症の対策を本気で対応しないといけません。

 

自分に合った睡眠時間をきちんと確保して、休息を取り、朝食をきちんと食べて、水分補給を程度にとって、体調管理をきちんと行いましょう。 暑いと言って飲み過ぎはいけません。

 

7月を振り返ると、大きな事件、事故が有りました。

 

7/4は目黒駅前の路上で会社員の男性がこめかみを傘で刺されて失明した事件が有りました。

 

7/23に47歳の男性が殺人未遂で逮捕されましたが、体がぶつかってトラブルになったことが原因だそうです。

 

ちょっとぶつかっただけで、失明するような暴力を受けるなんて物騒な世の中です。(昔も近い事件は有った様ですが・・・)

 

7/18(木)は京都市のアニメ製作会社「京都アニメーション」のスタジオで放火火災が発生して3階建ての建物は全面燃焼して、死者は計35にもなってしまいました。

 

いろいろと報道されていますが、犯人は全身火傷で重篤の状態で事件の動機等が調べる事が出来ない状況ですので、早く動機を知りたい処ですが、京都アニメーションの代理人の弁護士によりますと、過去の作品の応募について京都アニメーション側が再び調べた結果、殺人や放火の疑いで逮捕状が出ている容疑者(41)と名前や自宅の住所が一致する応募があったということです。

 

 

応募は形式が整っておらず、一次審査で落選していたそうですが、容疑者は事件直後に「小説を盗まれたから放火した」と叫んでいたそうです。動機はこの辺の事情に有りそうです。

 

最終的に70人近い死傷者を出したこの事件は世界中のアニメファンに衝撃を与えるほどの会社さんだった事も初めて知り、その過去の有名な作品の原画が焼失したとの報道も有り、いろいろな方面で影響が、令和最初の年に大きな傷跡を残した事件になりました。

 

事件の本当の動機は解りませんが、これほどの死傷者を出して、作品を焼失させた犯人は重篤な状況ですが、この犯人を許す訳にはいきません。

 

被害にあった関係者やご家族の方々には謹んで哀悼の意を表します。

 

この犯人は過去にコンビニ強盗事件を起こしたり、自宅アパートで近隣住民との間でトラブルを起こすような人物だったことも、報道されておりました。

 

7/21(日)の第25回参議院選挙は改選された124議席が確定しましたが自民、公明両党の71議席を獲得して改選議席の半数を超えましたが、改憲発議に必要な参議院の3/2は割り込んだ議席数になりました。

 

投票率の低さも1995年の参議院選挙の44.52%の低さに次ぐ48.80%だったそうです。

 

投票率が低いと組織票の影響が多くなる傾向の様ですが、今回は野党でれいわ新撰組、NHKから国民を守る党に新たな政党などが、注目も浴びて議席を確保したり、新たな動きがありました。

 

昔も「新党ブーム」は有りましたが、確固たる基盤を築けないまま消滅したり、大政党に吸収されたりする感じだった気がします。

 

お金持ちのエリート層への反発や経済格差の拡大を追い風に新たな勢力は根付くのか?既設の野党が頑張って与党の自民党を脅かす存在になるか?興味を持って見守りたいと思います。

芸能、スポーツもいろいろと話題が有りました。

 

先月からの吉本興業さんの報道は7/20(金)に宮迫さん田村亮さんが謝罪会見を行ったりしていろいろな事が明るみになり、7/22(月)にはその会見を受けて岡本社長が5時間半の会見を行われました。

 

回りくどい釈明に終始した内容だった事の様で、視聴者からは不平不満が出たとの事でした。

 

論点もたくさんに方向に広がり、沢山の方がいろいろな角度からコメントを残す、大事件ですが、お笑いを発信される会社さんですので、早く円満に納めて頂きたいものです。

 

高校野球では高校野球岩手大会の決勝戦の大船渡高校の佐々木朗希選手の決勝に登板せず敗退した件について、いろいろと報道されています。

 

いろいろな有名指導者、プロのOB、様々な方が、いろいろな角度からコメントを残してくれています。

 

判断した国保監督さんもご自分が大学で研究されたことや大リーグでチャレンジした際に学んだ経験、佐々木選手の体に関するデータその他の条件で出場を取りやめた判断をされた様ですが、我々は何がベストの判断か?解りません。

 

一番悔しいのはチームを率いた国保監督さんだし、選手だし、その御父兄さんですが、チャンスを逃した本人が一番悔しいはずです。

18歳の若さでその状況に良く我慢したし、本人、選手たちのコメントも冷静だったのはビックリです。

 

高校野球は日本の文化になっているのは確かではありますが、「学校教育の一環としてのもの」 「経済的な対価を求めず、心と身体を鍛える場」であり全国の高校野球ファンを喜ばせるための興行ではないということです。

 

試合後は大船渡高校に問い合わせの連絡が殺到し、中には直接学校に乗り込もうとした、行き過ぎた一部の暴走ファンの様な人物まで出現し、学校側も警察要請する事態にまで陥っているとの報道がありました。

 

しかし、いざ選手が故障した時に責任を問われるのは、現場の指導者先生です。

 

最も身近に選手たちを観察してきた、国保監督の判断を尊重すべきと思います。 (スポーツに縁のない素人が・・・申し訳ありません)

 

※本人は当然投げて、甲子園に出場したかったとは思いますが・・・・・

 

今後、次のステージがどこの舞台になるか解りませんが、今後の活躍を楽しみに見守っていきたいと思います。

 

まずは8/30韓国で開催されるU18ワールドカップ(W杯)のに選出されて活躍されることを楽しみにしましょう!

 

8月は、9月20日から始まるワールドカップラグビーの話題も増えるでしょうし、インターハイ、高校野球、プロ野球、その他たくさんの競技が予定されています。  

選手の皆さんには、暑いですけど頑張って頂きたいです。  

 

繰り返しになりますが、これからは本格的な夏が訪れます。  

今まで以上に体調管理に充分ご注意頂き、暑くなる8月を乗り越えましょう。

 

夏休みが楽しみだ!

6月も終わりましたが、いろいろなニュースが有ってたいへんな6月でした。

 

どのような話題、ニュースが有ったのかを少々振り返ります。

 

まずは、6月らしい良い話題おめでたいニュースから。

 

南海キャンディーズの山里亮太さん(42)と女優の蒼井優さん(33)が、結婚を正式発表されました。

 

連日ワイドショー、インターネット上ではいろいろと経緯やお二人の人と成りについての記事があふれていました。

 

蒼井優さん私も良いなと思う女優さんでしたし、山里さんはラジオを聴いていると頭の良さを感じましたし、良いカップルと思いました。

 

スポーツ界ではサニブラウン・ハキーム選手が9秒97の日本新記録を樹立されました。

 

大河ドラマ「いだてん」で日本の短距離は100年経っても世界には追いつかないとストックホルムオリンピックに出場された「三島弥彦」が言っていましたが、100年近く経ってその通りになりようやく追いつき始めて来ました。

リレーではメダルも獲得していますし・・・

 

2020年東京五輪のチケット抽選当選結果が発表され、公式販売サイトには100万人を超える待ち人数が表示されたそうです。

 

多めにチケットを申し込んでも、1枚も当たらない人など落胆する声が多く報道されていました。

 

また、多めにチケットが当たったために、高額な支払いに苦慮する人もいたそうです。

 

何ともバランスの悪い抽選結果です。 私も周りでは話題にもならず申し込んだ話も無く、当然、当たった、外れたという会話はありませんでした。

 

夫婦の老後資金として「30年で2000万円が必要」とした金融庁の金融審議会市場ワーキンググループの報告書とは別に、金融庁が独自に「30年間で1500万~3000万円必要」とする試算を行い、同ワーキンググループに提示したり、他の省庁や機関がいろいろな試算をしていることが報道されました。

 

6/10日の参議院決算委員会で安倍首相は「金融庁の報告書は不正確」と言ったり、麻生太郎金融担当相は「告書としては受け取らない」って言ったりで国の偉い人の集まりはいったいどうなっているのでしょうか?

 

6/16日曜日の早朝からすごいニュースが速報で流れましたが、大阪府の吹田署千里山交番で、警察官が襲われ拳銃を奪われた事件が発生しました。

 

逃走していた職業不詳の男(33)を箕面市内で発見して、強盗殺人未遂容疑で逮捕されましたが、男は府警の調べに対し、「私のやったことではありません、病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせいです」などと供述し、容疑を否認しているそうです。 困ったものです。

 

被害にあわれた古瀬巡査は命の危険を乗り越えて強靭な体力で順調に回復されている報道が有りました。 良かったです。

 

芸能界では残念な話題も出て来ました。

 

タレントさんの「闇営業」事務所に所属している芸人が、事務所を通さずに行う営業で仕事を頂いた先が、反社会的勢力(闇社会、闇組織)から請け負った仕事との報道が有りました。(推測の記事?)

 

有名なタレントさんも居た為に、毎日いろいろな報道がされていました。

 

私に当然被害は有りませんが「○○トーク高校野球大好き芸人」と言う番組が無くなる噂もあり、それはショックです。楽しみにしていたので・・・ この件に付いては雑誌での報道等を初めとする噂が先行していますので、タレントさんの為にも早く真相の究明を行って欲しいものです。

 

週末は台風3号が上陸している中で主要20カ国・地域(G20)(金融・世界経済に関する首脳会合)(サミット)が大阪で開催されて、各国の首脳が来日されました。

 

私が見ている新聞、テレビは各国の首脳の行動を報道されている感じで、その会議で何が決まったのかは判りませんが、とにかく大規模な交通規制が有ったという報道が多かった気がしました。

 

2020東京オリンピック・パラリンピックが開催された際はどうなるんでしょうか?と言う心配! 宅配便や郵便の遅延は既に告知されている噂も有る様ですが、弊社の様に、建築現場を生業としている会社はいろいろと制限が出てくるのではないかと心配です。

 

物流が滞れば材料が無くて仕事は出来ないし、そもそも、オリンピック・パラリンピックの会場に近い現場は制限を受けて現場稼働が出来なくなり休みになってしまうのではないか?

今後、時間の経過でどのような制限等が出るのか心配です。

 

今回の(G20)の数日間であれだけ規制を受けた大阪府民が不便を強いられた訳ですから、2020東京オリンピック・パラリンピックの際はその経験を生かして頂きたいものです。

 

それにしても、大雨にはびっくりしました。

 

30日から記録的な大雨となっている鹿児島県、宮崎県、熊本県、愛媛県、新潟県、石川県その他の地区も有ったのかも知れませんが、すごい雨でした。

 

川と道路と田んぼの区別がつかないほどの河川氾濫が有り、土砂災害も有りました。

 

九州南部は今夜も大雨の予報で、3県で55万世帯以上の避難が勧告されています。

 

4日木曜日まで降り続く予報との事で、このまま降り続けると「深層崩壊」と呼ばれる、表土層だけでなく深層の地盤までもが崩壊土塊となる比較的規模の大きな崩壊現象になる恐れが有るとの事です。

 

雨が降らないと農家の方も大変なことになりますが、いくら何でも、この時期の雨は最近異常過ぎで、ニュースを見るたびに観測史上初めて・・ばかりです。

 

とにかく雨が止む事を祈るだけです。

 

7月の楽しみは7日日曜日からは愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)で2週間の大相撲七月場所でしょうか?

 

夏場所で平幕優勝した東前頭筆頭・朝乃山関、昨年名古屋場所の優勝力士・御嶽海、右膝負傷で先場所を途中休場し再起を目指す大関貴景勝関の怪我の状態も心配ですが、稽古はされている様です。

 

大関の豪栄道関、高安関、栃ノ心にも当然頑張って頂き、夏場所を盛り上げて頂きたいものです。

 

プロ野球は6/28(金)~ペナントレースに戻りました。

 

東京ヤクルトスワローズはセ・リーグ記録の16連敗が響き、交流戦でも良い処が見せられず、未だ最下位です。

 

昨年は交流戦首位だったんですけど・・・・ 社会人野球は7/13(土)~7/25(木)東京ドームで開催されます。 報道によると1回戦から良いカードが有り、ベスト16までは星のつぶし合い的な組み合わせの様です。

知り合いのお兄様が出場されるので、ちょっと応援させて頂いております。

 

高校野球も地方予選が始まり沖縄では6/22~、北北海道でも6/23~、南北海道では6/22と 既に開幕しており、東京近郊では東東京7/7~、西東京7/6~、埼玉7/10~、神奈川7/7~、千葉7/11~が開幕予定です。

 

是非、近くの学校、知っている子のいる学校、母校といろいろと有る訳ですが、暑い中頑張っている選手を応援してあげたいものです。

 

夏はいろいろと楽しい行事やスポーツも有りますし、お子様がいらっしゃるご家庭は夏休みに入るのとお出かけも多くなりますので熱中症にはご注意ください。

 

大人たちは暑いのでついつい飲みすぎてしまいがちな熱帯夜です。

 

そうなると睡眠不足になりがちです。

 

そして冷房病、インターネット、ゲーム、テレビの見過ぎ、やりすぎも翌日の体調に影響します。

 

体調管理に充分御注意頂き、暑くなる7月を乗り越えましょう!

本日より6月に入りましたが、5月末はいろいろな事が有りました。

 

備忘録ですので私の関心事だけになりますが少々振り返ります。

 

某国会議員の暴言と変な行動、トランプ大統領の国賓来日ですべてが埋め尽くされた5月でしたが・・暗くなる事故や事件も有りました。

 

滋賀の大津市、千葉の市原市での小さいお子様が不幸な交通事故や川崎市で小学生ら19人が死傷した悲惨な事件が起こってしまいました。

 

黄金週間明けの8日、滋賀県大津市の交差点で信号待ちをしていた2~3歳の保育園児13人と保育士3人の計16人の集団に車が突っ込み、うち2歳の男児と女児が亡くなった事故、会見の模様は各局で中継されました。

 

集まった記者たちは、まるで保育園に責任があるとばかりに、矢継ぎ早に心無い質問を浴びせ、記者たちは世間から猛烈に批判される事態となりました。

 

お子様を亡くしたご親族の哀しみを思うと沈痛な思いになりますし、いろいろと頑張っていらっしゃる園長先生がお気の毒な感じがしたニュース報道でした。

 

今度は1週間後の15日には千葉県市原市の公園内の砂場で遊んでいた保育園児らの近くに乗用車が突っ込む事故が発生し、保育士さんが身を挺して骨折しながらも園児を守ってくれたという事故もありました。

幸い園児にけがはなかったそうです。

 

命がけで守ってくれた女性保育士さん凄いです。有難う御座いました。

 

各種の要因での交通事故が毎日の様にいろいろと報道されます。

自動車を運転する方は本当に慎重に運転しないといけません。

 

私も気を付けて運転して、なるべく運転は最小限に抑えて公共の交通機関を利用しないといけないと事を考えさせられました。

 

28日朝に発生した川崎市登戸駅近くで死傷した事件も悲惨でした。

 

事件は午前7時40分ごろ発生しました。 容疑者は両手に刃渡り約30センチの柳刃包丁を持って無言で児童の列に近づき、父兄の39歳男性の背中などを刺した後、児童と女性を次々に襲撃。

 

女子児童と父兄の39歳男性さんが死亡、女子児童2人と女性が重傷を負いました。

 

容疑者が父兄の39歳男性を刺してから、バスの運転手にとがめられ自ら首を切って倒れるまでは、約十数秒間の出来事だったという残忍な手口だったそうです。

 

容疑者は自害してはっきりとした動機は今の処、判明していませんが、罪もない子供や父兄を刺すなんて、今後こんなテロみたいなものから身を守るにはどうすれば良いのか途方にくれます。

 

お子様やお父さんを亡くしたご親族の哀しみを思うと沈痛な思いになりますし、対策ってどうすれば良いか解りません。

 

スポーツもたくさんありましたが、26日は日本ダービーで「ロジャーバローズ!!浜中騎手の優勝」とスポーツ紙に有りましたが、馬の事、騎手の事はまったく判りませんが、馬券的には大穴だった様です。

 

結果や配当は主催者発表のもので御確認下さい。

 

大相撲も朝乃山関の優勝で終わりましたが、千秋楽はトランプ大統領のオーラですべてが掻き消された感じになってしまいました。

 

中継を見る限り安定していたのは解説の「北の富士勝昭さん」だけでした。

相撲は良く解らなくても「北の富士勝昭さん」の解説は楽しみの一つです。

※「あさのわか」ではありません「朝乃山」です。

 

朝乃山関については素人のファンの私は知らない力士でしたが、高砂部屋で元横綱朝青龍関の後輩になるんですね。

そして朝潮太郎親方と一緒の近畿大学OB。恐るべし!高砂部屋、近畿大学相撲部!との事の様です。

 

7月の名古屋場所は先場所千秋楽に痛めた右上腕のケガを理由に休場した横綱「白鳳関」と今場所途中休場した新大関の「貴景勝関」と「高安関」「豪栄道関」「逸ノ城関」に期待したいと思います。

 (知っている力士はそのくらい。あとは「嘉風関」が好きです)

 

注目のプロ野球は東京ヤクルトスワローズが5/31時点で15連敗(月間20敗)広島東洋カープは月間20勝で現在首位。

 

立場が入れ替わってしましました。

 

ヤクルトは昨年も交流戦で首位になり、ペナントレースの最後も2位になった事を考えれば、今は歯を食いしばり頑張るだけです。

 

6/4(火)からは交流戦が始まります。プロ野球はこれから面白くなります。

 

梅雨の予報の発表が無かった5月末でしたが、天気は梅雨が終わった様な真夏の気温でした。

 

24日から27日にかけて、日本付近には暖かい空気が流れ込み、広く強い日差しが降り注ぎました。

 

5月としては記録的な高温だったそうですが、私的には湿度がそれほど高く無かった気がしていたので、比較的平気でしたが・・・ 特に26日は、北海道の佐呂間町で最高気温は39度5分まで上がり、北海道内の真夏を含めた年間を通じた最高気温の記録を更新したそうです。

 

東京都心で32度6分まで上がるなど、5月の最高気温の高い記録を更新した所があり、30度以上の真夏日地点は、全国のアメダス地点926のうち566地点、35度以上の猛暑日地点は53地点との事。

 

それは真夏です。 28日以降は今回の記録的な高温は収まった感じでしたが、それでもこの先の最高気温は、広く平年より高めの日が多い見込みとの事です。

 

本日の天気1か月予報を見ると梅雨は15日くらいから雨の季節を迎えている可能性が高く、平年と同様に曇りや雨の日が多くなりそうと言っておりました。

 

前線の影響でジメジメ・ムシムシする日が多くなりますし、カビや食中毒が気になる頃です。室内では定期的に換気をしないといけませんし、お弁当は傷まないようにしないと食中毒が心配です。

 

そして本格的に熱中症の注意と対策が必要になります。

長かった10連休の黄金週間も終わり、本日よりお仕事が再開ですが如何お過ごしでしたか。


テレビでは連日各地の様子やターミナル駅、空港、道路の状況等のお出掛けの様子が紹介されて遊びにお出かけされるのも大変だなーなんて思いながら観させて頂きました。

 

お陰様で後半の数日はお天気だった事も有り、お布団干しや、室内の清掃や、不要な物の処分、衣替えも出来て有意義な黄金週間を過ごす事が出来ました。

 

51日午前0時。皇太子徳仁さまが皇位を継承し、新天皇に即位されました。

元号も「平成」から「令和」に改まりました。

 

新天皇陛下の即位に伴い、皇太子妃・雅子さまが新たな皇后に、新天皇陛下の弟である秋篠宮さまが皇位継承順位1位の皇嗣になられました。

 

また、秋篠宮さまの長男・悠仁さまは皇位継承順位2位となり、現状では新天皇、皇后両陛下の長女・愛子さまは、皇室典範の「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する」という定めにより皇位継承権を持たないとの事の様です。

 

430日をもって退位された天皇陛下(明仁さま)は「上皇」に、皇后さま(美智子さま)は「上皇后」となられました。


元号「令和」を和暦で表現する事も有りますが、月も名前が有って5月の呼び名は、旧暦では皐月(さつき)と呼ばれています。

 

現在では新暦の5月の別の呼び名でもあります。

※早月(さつき)とも言いますね。そもそも5月は田植えをする時期であります。

このことから「早苗月(さなへつき)」と昔言っていたものが短くなったものとされています。

他にも「サ」という言葉自体にも意味がある様で、この言葉には田植えの意味があるとされています。

「さつき」だけで「田植の月」という意味であるという説も存在するようです。

(※諸説有りですが・・)また「五月」と書いて「さつき」と読むことは、日本書紀などでも記述されているようです。

 

この「皐月」は花の名前にも用いられています。

※2019年の中央競馬の重賞「皐月賞」は4月14日に開催された様です

 

ちなみに旧暦の五月は新暦では6月から7月です。

これは梅雨の季節です。五月雨(さみだれ)とは梅雨の別名ということになっています。

五月晴れ(さつきばれ)という言葉がありますが本当の意味としては梅雨の晴れ間の事を指すそうです。

 

こうなると村下孝蔵さんの「初恋」の歌詞を思い出さずにはいられません。(19832/25発売)

唄いはじめで「五月雨は緑色悲しくさせたよ、一人の午後は…」緑色は葉の色。草熱れな青春の息苦しさ、二番の「夕映えはアンズ色帰り道一人口笛吹いて…」は甘酸っぱさを想起させます。

36年前のヒット曲ですが今でも何回聴いても聞き飽きない、色あせない良い曲です。

※【草熱れ:草いきれ】夏の強い日ざしをうけて、草むらから立ちのぼる、むっとする熱気。

 

今年も「クール・ビズ」が始まりました。季節の変わり目で、体調を崩し易い時期ですが、健康に充分に留意されてまた仕事頑張りましょう。

 

Copyright© SENYO Electro-Technology Corp. All Rights Reserved.